東京都は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々を対象に配布している「ヘルプマーク」の普及推進活動を行っています。
これまで、ヘルプマーク特設サイトやヘルプマーク作成・活用ガイドライン等を通じて、広く都民の皆様や民間企業への普及を図り、また、他自治体にも活用を働きかけるなど、広域的な普及にも取り組んできました。
最新の取組情報はヘルプマークホームページの最新ニュースをご覧下さい。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/pr/2018/201811.html
■京王駅伝フェスティバル2018
11月17日(土)に味の素スタジアム/武蔵野の森公園特設コースで開催される京王駅伝フェスティバル 2018にてヘルプマーク・ヘルプカードのPR活動を行います。
このイベントは、10km・20kmの駅伝をはじめ、小学生ファンランや親子ランなど、ご家族で楽しめるものとなっています。子供から大人の方まで、ヘルプマーク・ヘルプカードをより広く知ってもらうきっかけとなることを期待しています。

【詳細】
■日時:2018年11月17日(土)9時30分から16時00分まで
■場所:味の素スタジアム/武蔵野の森公園特設コース
■内容:
コンコース内PRブースにてヘルプマークオリジナルグッズの配布等を行います。
※イベント詳細はこちらをご覧ください。
http://www.keio-ekiden.com/top.html

■FC東京 2018明治安田生命J1リーグ第33節
11月24日(土)に味の素スタジアムで開催される2018明治安田生命J1リーグ第33節 FC東京vs川崎フロンターレ戦(14:00キックオフ)にてヘルプマーク・ヘルプカードのPR活動を行います。
この活動は、従来から「もっと住みよい東京づくりのお手伝い」に力を入れてきたFC東京に、ヘルプマーク・ヘルプカード普及活動の趣旨にご賛同いただくことで、2014年から毎年行っており、今年も実施することが決定しました。

【詳細】
■日時:2018年11月24日(土)10時30分から(14時00分キックオフ)
■場所:味の素スタジアム・アジパンダ広場(青赤横丁内)
■内容:
青赤横丁内PRブース設置にて、ヘルプマークオリジナルグッズの配布等を行います。
また、スタジアム内大型映像機でのPR動画放送や、
FC東京オフィシャルマッチデープログラムへ情報を掲載します。
※試合詳細はこちらをご覧ください。
https://www.fctokyo.co.jp/

~東京都の事業紹介~
■障害者差別解消に係る事業者向け説明会を開催します!
東京都では、平成30年10月1日に施行した「東京都障害者への理解促進及び差別解消の推進に関する条例」の趣旨を一層普及させることを目的に、民間事業者を対象とした説明会を実施いたします。(参加無料)

【詳細】
■日時:2018年12月5日(水曜日)14時00分から16時30分まで(開場は13時15分から)
■場所:東京都庁第一本庁舎 5階大会議場(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)
■対象者:都内民間事業者
■内容
(1)基調講演「東京ディズニーリゾート ユニバーサルデザインの取組」
(2)障害のある方への接遇実演 「私たちの考え続ける『合理的配慮』」
(3)障害者差別解消に係る法令説明「障害のある方への対応及び関係法令について」
■参加申込み方法:下記受付フォームから申込みすることが可能です。
https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo/uketsuke/dform.do?acs=setsumeikai1205
■申込期限:平成30年11月26日(月曜日)
■お問合せ先
福祉保健局障害者施策推進部計画課
電話 03-5320-4559 FAX 03-5388-1413
福祉保健局HP
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/sabetsukaisho_yougo/jigyousha_setsumeikai.html

■東京都「心のバリアフリー」サポート企業を募集しています!
高齢の人や障害のある人、乳幼児を連れた人など、誰もが円滑に移動し、さまざまな活動を楽しめるまちづくりを進めるためには、施設整備だけでなく、全ての人に配慮できるよう社会や環境のバリアを取り除くため、積極的に行動する「心のバリアフリー」が重要です。
そこで、都は、東京2020大会を見据え、企業等とも連携し、心のバリアフリーに対する社会的気運の醸成を図るため、意識啓発等に取り組む企業等を「『心のバリアフリー』サポート企業」として登録します。また、特に優れた取組を実施している企業を「『心のバリアフリー』好事例企業」として公表します。ぜひ御応募ください。

【詳細】
■応募期間
(1)「心のバリアフリー」サポート企業への登録
 平成31年2月28日(木曜日)まで
(2)「心のバリアフリー」サポート企業への登録及び好事例企業への応募
 平成30年11月30日(金曜日)まで
■対象企業等:都内に本社、事業所を置く企業、その他の法人
■応募先(申込方法等の問合せ先)
東京都「心のバリアフリー」サポート企業連携事業事務局(株式会社ミライロ内)
電話 03-6712-6312
(祝日、年末年始を除く月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで)
メール info-kokoro@mirairo.co.jp
■応募方法
東京都福祉保健局ホームページから、所定の応募申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、メールにて「東京都『心のバリアフリー』サポート企業連携事業事務局」へ送付してください。事業の詳細は、福祉保健局ホームページを御確認ください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/machizukuri/kokoro_support.html
福祉保健局トップページ>福祉保健の基盤づくり>福祉のまちづくり

<普及活動へのご協力のお願い>
東京都は民間企業の皆様に、ヘルプマーク啓発活動へのご協力をお願いしています。店舗や自社ビル等でのポスター掲示、PR動画配信、広報媒体への掲載、社内研修での紹介など、CSR活動の一環としても是非ご協力ください。詳しくは下記ホームページをご覧ください。民間企業の活動事例をご紹介しています。

<ヘルプマークの概要>
・主旨:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう作成したマークです。多様な主体による活用を図り、援助が必要な方が日常的に様々な援助が受けられる社会づくりを推進します。

・対象者:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方。

・ヘルプマークをつけている方を見かけたら、優先席で席を譲ったり、困った様子の時は声をかけるなど、思いやりのある行動をお願いします。

・ヘルプマークホームページ(東京都福祉保健局)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

・ヘルプマークホームページ(特設サイト)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/